そんなことよりお腹が減ったよ

面白いもの、楽しいこと、新しい発見、探検ブログです

相手の記憶に残る話し方「7選」営業ビジネス編

 

f:id:LExtyGO:20181027114346j:image

『記憶に残る話し方』

記憶に残る話し方ってご存知ですか?

そんな話し方を意識して日常生活を送っている人はあまりいないと思う。

でもビジネスの場面だと意識して会話することが大事ですよね。

営業の仕事をされている方にはオススメですね

 

今日は、その中でも重要だと思われる7選を紹介しますね。第一印象って凄く大切なので、相手の記憶に残る話し方を身に付ければ、ビジネスでもプライベートでも役に立つはずです。


1、大きな声でハッキリと話す

説明が苦手な人は、自分に自信がないので、小さな声でボソボソと喋っているのです、それでは説明の内容が正しかったとしても、相手には全く伝わらないです、まず最低限、大きな声ではっきり話すこと。意識して話すことが大切ですね。

 

2、堂々と自信を持って話す

苦手な人はその自信のなさが声や態度に表れてしまうんです、それではどんなに正しい説明をしても、自信のなさが相手にはメッセージとして伝わってしまうので聞いてる側は『本当に正しいの??」と不安に思ってしまいます。だから態度や語調だけでも、堂々と話すことを意識してみて下さい。

 

3、最初にポイントを話す

説明が苦手な人の話は何を言いたいのかよく理解できません、なぜならば、なかなか結論を言わないから、ですから、結論や要点を一番先に言うことが肝心。結論+理由という順に話すだけで、理解しやすくなります。

私は、これが一番重要だと思います。

話が長くてつまらない、そんな人は大体これですねw

 

4、話は短く、シンプルに

「たくさん話せば理解してくれる」と思ってる人が多いのですが、たくさん喋るほど相手は混乱し説明はわかりづらくなりますですから、話は短く、シンプルがいいです。長くなる場合は一文一文を短く切って話すといいですね。

「最初にポイントを話す」を心がけていれば自然と短くなりそう。

 

5、例を使う

例を出して説明すると話が分かりやすくなる。

詳しく具体的な、イメージをしやすい例は親近感が湧きます。

例えば〜、東京ドーム◯個分の。

東京ドーム◯個とかよく聞くけど、いまいちピンとこないんですよね、、

身近な例など使えそうな例を普段から探しておくといいかもしれないですね。

 

6、権威を使う

権威を使うと説得力が圧倒的にプラスされます、「ハーバード大学の研究によると、」と有名な大学名を出して研究を引用しているのは、そのためで引用できそうな研究事例はすぐには見つからないので、普段から探してストックしておくことも重要!急には出てこないですからね。

 

7、数値を使う

数値で表現するとインパクトがありますのね。例えば、「大多数が賛成した」と話すよりも具体的な数値をいれて「89%が賛成した」と伝えてみたり、「非常に効果的である」を「72%に効果が認められた」のように、具体的な数字を明記すると説得力がアップします。

 

これらを全て意識するのは大変なので、まずは

「堂々と結論から」、それだけを意識して話すだけで説得力がアップする!

以上の7つの方法を身につけていれば説明が上手くなります!!

ちなみにこの7選は、「アウトプット大全」という本の文章を元に紹介させてもらってます。興味がある方はそちらを読んでみてください。

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/10/28時点)

楽天で購入