そんなことよりお腹が減ったよ

3分で読めるゲームブログ

「DYSMANTLE」終末の世界を生き抜くオープンワールド

 

厳しくも楽しい、終末後の世界で生き抜く

サバイバルシュミレーションゲーム

「DYSMANTLE」

f:id:LExtyGO:20201106100307j:image

どんなゲーム?

「DYSMANTLE」パンデミックの起きた世界で生き抜く、見下ろし視点のオープンワールドアクションRPGとなっている。

かつて、何らかの災害に見舞われた孤島。地下シェルターへ避難していた主人公は、久しぶりに地上へと抜け出し、パンデミックが起きた危険な世界の探索を始める。謎の災害の真相を解き明かし、島からの脱出方法を探す。

生き抜くために

広大なオープンワールドを探索し、貴重な資源や、宝物、安全なキャンプを見つだす。

MAPには危険な生物やモンスターが徘徊しているので、しっかりと準備を整えてから挑むことを推奨します。古代人の墓所や旧世界の遺跡を探索することによって、ハイテク時代の遺物を入手することができるので、強力な装備を手に入れよう。強化な装備があればモンスターだって怖くない…

f:id:LExtyGO:20201106115203j:image

ブリーフと靴下、ハンマーは三種の神器。

f:id:LExtyGO:20201106113443j:image

詰んでいるとしかおもえないが…

ヤバそうな生物達

終末の世界には、ヤバそうな生物が至る所に生息している。島の生物達を変えてしまった原因は謎だが、獰猛なヤツらなので、こちらを発見次第襲いかかってくる。倒すことができれば貴重な資源や物資が手に入ることだろう。正面からガチンコでやり合うよりも、遠隔武器を使ったり、罠を仕掛けたり、頭を使って立ち回ることが生き残る最前の策だろう。ヤバいとおもったら、ひとまず逃げ、対策を練ってから挑むことも戦略だ。

f:id:LExtyGO:20201106115803j:image

何がこいつらを変えたのか…

テーマは飢え死にではない

サバイバルシュミレーションとはいえ、本作では、飢えや渇きの概念はなく、空腹になったり、喉が渇いたりといったサバイバル的なステータスゲージは存在しない。とはいえ、釣りや狩り、料理の作成といった要素はしっかり用意されていて、作成した料理を食べることによって、キャラクターのステータスを強化したりアップグレードできる。モンハンの食事みたいな

f:id:LExtyGO:20201106113503p:image

f:id:LExtyGO:20201106113729p:image

f:id:LExtyGO:20201106113717p:image

農業もできるけど、のんびりスローライフって気分じゃねぇ。

99%オブジェクトは破壊可能

今作の特徴の一つである、オブジェクトの破壊。存在している物の99%は壊すことができるので、それらを適切な道具で解体し、新たなツールを作成しよう。MAP内で入手可能な、設計図を手に入れることで、様々な武器や道具、衣類などをクラフトできる。中には、魔法のような力が宿っているツールも存在するようだが…

f:id:LExtyGO:20201106120736j:image

ゲームの特徴

💥 全オブジェクトの99%以上を破壊して、必要なツールの材料を集めよう。障壁は存在しない。

🔪 終末後の危険で邪悪な生物と戦闘(または逃走)。

🌵 手作りのオープンワールドを探索し、その謎を解明。

⛺ 生存。エリアからモンスターを駆逐して制圧。

🔨 前哨基地を建築して足場を確立。

💎 恒久的な武器、道具、衣装、装身具を作成。

🐫 獰猛な獲物を狙った狩猟や、彼らを手名付けての終末後の動物園。

🌱 見たこともない植物を栽培し、熟したものを採取。

🏆 地上や地底の古代人の墓で謎解き

🎣 水面下の狡猾な鱗魚の釣り。

🍰 恒久的なステータスや能力向上のためのおいしいレシピで料理。

🗿 奇妙な島の謎を解明。

※Steamストアより1部抜粋

 

サバイバルシュミレーションなのに、飢えの概念がないのゲームは珍しいよね。体調管理が煩わしく、面倒臭い、けどサバイバルしたい。というひとには向いてるんじゃないかな。個人的には「飢えや、乾きをどうやって満たそうか」というのを考えるのがサバイバルの醍醐味だとおもっているので、ちょっと物足りないかも。

 

でもでも、今作のテーマはそこに焦点を当ててるわけではなし、サバイバル好きには面白い作品になってるとおもうので、気になる人は遊んでみてね。日本語非対応だけど、ストーリーは何となく分かるし、難しい単語はあんまり出てこなそうだから、遊んでみようとおもいます。

2020年11月6日配信

日本語なし

価格は、2,050円

対応プラットフォーム

PC版/PlayStation4.5/Xbox One/Switch

(北米版)

 

※Steamストアよりキャプチャーしています。