そんなことよりお腹が減ったよ

3分で読めるゲームブログ

「ピコンティア」スローライフRPG 序盤プレイレビュー

 

f:id:LExtyGO:20201111102004j:image

「ピコンティア」

フライハイワークスは、2020年11月7日にPC向けスローライフRPG「ピコンティア」のSteamアーリーアクセスを開始したと発表しました。

どんなゲーム?

f:id:LExtyGO:20201111104540j:image

フシギな島にての長い眠りから目覚めた主人公が、島での生活をゼロから再開し、島の住民と交流して行く中、島で起きる様々な出来事と共に、島のナゾを解き明かしていく、箱庭型スローライフRPGです。

※Steamストアより抜粋

 

ゲームレビュー

f:id:LExtyGO:20201111122026j:image

f:id:LExtyGO:20201111122033j:image

f:id:LExtyGO:20201111122040j:image

物語は、ジェダ博士が砂浜で「ピコニウム」という物質を発見するところから始まります。博士は、”あれ”を完成させようとしているらしいが、なんの事なのか説明はなし。

なにか重要なものなのかな?

「ピコニウム」を研究所へ持ち帰り、博士に言われるがまま、自宅へ帰り眠りにつきます。

f:id:LExtyGO:20201111122506j:image

f:id:LExtyGO:20201111122329j:image

眠ること、262,800時間 めちゃ長い。

年数にして、30年。
f:id:LExtyGO:20201111122534j:image

長い眠りから目覚めた主人公は、眠りに入る前と島の様子がだいぶ違うことに気づく。ジェダ博士の姿もなく、30年の間に島は大きく変化していたようです。

世話好きの四角いAI「アイラ」と共に、島の中心にある町「マグメイル」から生活を始めます。相棒である「アイラ」がなかなかいい個性の持ち主で、チュートリアルや島での生活を丁寧に教えてくれます。(時々挟むAIジョークがツボw)

操作方法はとてもシンプルで、わかりやすい。

f:id:LExtyGO:20201111123826j:image

初めのクエストは、町へ行き、様子を見てくること。住民達の話を聞きいていると、町に起きた異変に対して、住民達は戸惑っているようでした。異変の原因はなんなのか?メインクエストを追っていけばきっと原因がわかるはずです。MAPを広げれば、どこに住民がいるのか、ひと目でわかるし、クエスト関係キャラクターもそこで把握できるので凄く便利。

f:id:LExtyGO:20201111124156j:image

f:id:LExtyGO:20201111144439j:image

島の生活では、スローライフ。自宅の周りにある畑で野菜を育て、動物を飼ったり、海で釣りをしたり、アイテムや武器をクラフトすることもできます。作成したアイテムや武器などは、島の住人との交流に使え、仲良くなると、会話の内容が変化したり、クラフトのレシピがもらえたりする。

f:id:LExtyGO:20201111125625j:image

町をひと回りした後は、さっそく農業にとりかかる。クワで耕し、種を植え、水をやってから3日待つと、トマトができる。「アイラ」が親切に教えてくれました。

f:id:LExtyGO:20201111152859j:image

f:id:LExtyGO:20201111132358j:image

その場で、3日も立ったまま待てないから「アイラ」の7つの便利機能のひとつ”タイムコントローラー”を使用して、一瞬でトマトを収穫することができました。この機能は、大量にエネルギーを消費するので、10年に一度しか使用できないとのこと…つかえねぇ。


f:id:LExtyGO:20201111132759j:image

f:id:LExtyGO:20201111132802j:image

7つの便利機能はどれも使えなそうな予感

収穫した野菜や素材は出荷箱に入れることで売却できる。毎日決まった時間にドローンが回収しにやってきます。

f:id:LExtyGO:20201111145122j:image

人間が回収しに来る時代は終わったのだ


作物の種は、”トマトのほこら”から入手しました。その後、何度でも手に入れることができるようです。ただ、入手できる数が少ない。それを解決するためのアイテムが存在するらしいので、便利アイテムを手に入れる為に、町の住民を訪ねるというクエストを受けました。

f:id:LExtyGO:20201111144626j:image

2回目から手に入る種は一個のみ

アイテムや武器など、クラフトには素材が必要になる。主人公は町の中や、外のフィールドを探索して様々な素材を集める必要があります。落ちているものをただ拾えば手に入る素材もあれば、適切な道具が無ければ採取できないものも存在している。

f:id:LExtyGO:20201111155707j:image

MAPにはモンスターが出没するエリアもあり、お目当ての材料を手に入れる為には準備が必要。また、昼と夜では出現するモンスターも違うので、手に入る材料も変わってくるぞ。

f:id:LExtyGO:20201111144909j:image

道具には使用回数が設定されている。

f:id:LExtyGO:20201111154040j:image

道具や装備品は、お店で購入可能

材料さえあれば、自宅に設置されている作業台でクラフトできる。序盤は、3種類のものしか作成できないので、クエストを受けたり、住民からプレゼントしてもらうなどして、種類を増やしていこう。

f:id:LExtyGO:20201111171946j:image

作業をしていると、スタミナゲージが減っていくので、全て消耗する前に食事を摂ったり、ベットで休んだり、体調管理をしっかりしよう。

f:id:LExtyGO:20201111154213j:image

住民達との交流が楽しい

町には、個性豊かな住民達が、それぞれのスケジュールに合わせて行動している。

ベンチに座っていたり、買い物へ出掛けていたり、眠っていたり…とにかく好き勝手やっている。話かけたり、好きなものをプレゼントしたりして、仲良くなっていこう。住民達には、様々な会話パターンが用意されていて、同じ日に4.5回話しかけても、毎回違うセリフを返してくれる。それにより、彼らとの交流が楽しく感じる。個々に好き嫌いや、好感度が設定されているので、住民の好みを知っておくと、より交流しやすくなる。

f:id:LExtyGO:20201111154746j:image

f:id:LExtyGO:20201111154756j:image

まだ、プレイして数時間ですが、凄く面白い。

初めに手に入れたアイテムは”木の枝”。とりあえずと、振り回して遊んでました。そのまま町へ行き、民家の壺とかを破壊したり、木を叩いてみたり…

その時、勢い余って猫を叩いてしまい、物凄い勢いで走り去って行きました。ごめんよ

ピコンティアでは、さまざまな動物達が登場します。外をウロウロしていたり、町のなかでゆっくりしていたり。動物達は、とても可愛い2Dで描かれているので、木の枝でぶってしまった時は、罪悪感半端なかったです。

 

ストーリーのネタバレは避けたいので、あまりお話できませんが、登場キャラクターも世界観も、とっても魅力的な作品になっています。SF風の設定や今後のストーリー展開が凄く気になる。

 

また、本作はSwitchとの相性がいいとおもうので、Switch版が発売されたらそちらも購入する予定です。スターデューバレーとか、牧場物語、MOTHERが好きな人にはオススメできるゲームになっています。

 

早期アクセス

現在は、早期アクセスとなっていて、正式リリースに向けて、4つの段階的を踏んで、アップデートされていく予定である。

f:id:LExtyGO:20201111110402j:image

Picontier 早期アクセスに関しまして フライハイワークスからのメッセージ

今作は、2016年から開発されており、4年の開発の末、今回アーリーアクセス版として配信された。現段階で遊べる内容は、一見、限定的なものだが、プレイアブルの9割は遊べる内容になっている。ただし、ゲーム全体の9割が完成しているのではなく、これから新たなコンテンツや追加システムが都度追加されていく。

アーリーアクセス(今回のバージョン)

・住人との交流(好感度3まで)

・クラフト ・素材を使って料理

・敵との戦闘 ・水辺での釣り

・家畜の飼育 ・畑で農作業

価格は2,000円となっている。

段階的なアップデートに伴い、価格が上がっていくとのことなので、気になるひとは早めに購入しておこう!!